オンラインスロットをプレイするのに最適なハードウェア

技術があらゆる面で必要とされ進歩し続けているため、適切なデバイスを選ぶのは非常に困難で、時間のかかる作業となることもあるでしょう。デバイス上の情報処理能力が高く、値段が手頃で、1年後でも古くなってしまわない、そんなデバイスを探されているのではないでしょうか。

購入目的がゲーミングである場合、これがさらに難しくなります。ゲーミング自体が、最新のゲームを最高のディテールで楽しみたいという性質のものだからです。

しかし今回は、いわゆるゲーミングについてお話しするのではなく、その兄弟分であるオンラインギャンブルゲーム、さらに具体的に、オンラインスロットゲームについてお話しします。

実店舗に設置された従来のスロットは、動きのある部分が多数組み込まれた複雑な機器ですが、その唯一の目的はスロットマシンを作動させることです。したがって、一つの単純な作業に焦点を当て、それを極めて効率的に行えるように設計されています。オンラインスロットマシンをプレイする場合は、スロットゲームがスムーズに行えるだけでなく、他の機能も充実したデバイスを選んでおくとよいでしょう。

プロセッサとRAM

デスクトップ、ノートパソコン、携帯電話、タブレットなど、お使いのデバイスが何であれ、注目すべき主な要件はプロセッサ、メモリ、それにグラフィックカード能力です。理論上はこれら3つの点をすべて兼ね備える必要はないのですが、もしも完璧なゲーミング経験をお望みなら、高速プロセッサ、大容量のメモリ、内容の充実したグラフィックカードが必要となり  ます。

スロットなどのオンラインギャンブルゲームをダウンロードして遊ぶことだけが目的なら、2.0 GHz、RAM が2〜4 GBの デュアルコア・プロセッサが無難な基準でしょう。グラフィックカードを使う場合はRAM をもっと低くできますが、カードがない場合はRAMを引き上げることで通常はうまく作動します。

一方、VR ゲームをしたい場合は、大幅にアップグレードする必要があります。Oculus Rift の購入を考えている場合、最小スペックはWindows 7、インテルi5プロセッサ、8GBのRAM、それ相応のグラフィックカード が必要になります。

ストレージ(記憶容量)

AndroidまたはiOS対応のオンラインスロットゲームをプレイする場合、大容量が必要となることを覚えておきましょう。最大150MBまで使用する可能性があるため、お持ちの携帯電話の容量が32GBである場合、アプリ(Facebook、Instagram、Viber、WhatsAppなどのような、普段よく使用するもの)の管理に注意が必要となります。

まとめ

現代の携帯電話やコンピュータの良いところは、たとえ低価格のものであっても、大抵の場合は事前にインストールされた環境設定が比較的充実していることです。したがって、オンラインスロットを使ったギャンブルに乗り換えても、(環境設定についての)出費が増えることはおそらくないでしょう。

一方、バーチャル・リアリティ(VR)の世界(近年人気上昇中)を試してみようとお考えなら、おそらく相当のアップグレードが必要となります。最も簡単で時間のかからないアップグレード方法は、お手持ちのPC にRAM を追加することです。さらにアップグレードしたい場合は、新しいグラフィックカード、あるいはもっと強力なプロセッサに替えることになります。